FX初心者の口座の選びは、初心者向けの口座から開いてみるに限る

2015 年 10 月 16 日 | タグ:


どうも!Roadです。
FX楽しんでいますか?

え?FX口座をどう選べはいいのかわからない?
なるほどね、僕もFX始めた頃はそうでした。
「どう選べはいいのかわからーん!」ってね。

で、せっかちな読者さんの為に結論を書いておくと
「FX口座は、初心者向けのいいなと思ったやつを何個か開いてみるといい」ということ。
理由は後述するので、流し読みでもして欲しいな(笑)



まぁ、初心者って、いろいろ難しいですよね。
FX口座の選びのもそうだけど、FXのことも勉強しなきゃいけないですからね。



では、まず僕がどうやってFX口座を選んできたかを知ってほしいな。
(知ってほしいだけ!理由はない(笑))


僕の場合、まず最初に選んだのはFXA証券。
とあるFXの本に書いてあったトレード法で使っていたFX口座だから使ってみました。

まぁ、ドキドキしましたよ。
なんせ人生最初のFX口座ですから。
まずFX口座を開くのに審査がいるっていう話なので。
審査されるって、緊張しませんか?
緊張しいの僕なので、ガチガチでした。
(今考えると全然たいしたことないんですけどね(笑))



このFXA証券、本に載っていただけあって、当時としてはツールが使いやすく高性能でした。
だから、しばらくはFXA証券でトレードしていました。

しかし、10000通貨単位は初心者にはツライ。
ていうか、心臓によくなーい!(笑)

当時はレバレッジが高いのもあって※1、少しの値動きで損益の幅も広がるんです。
なんてったって、10000通貨単位ってUSドルだったら、10000$を持っているのと一緒。
1ドル100円として、100万円!1円動いたら、1万円の損益。
そりゃ、利益が出ればいいけど、損になったら目も当てられない。。。

FXA証券は初心者用じゃなかったですね。
というわけで、卒業することにしました。
その前にFXA証券って、今はもうないんですけどね。※2

※1:最高400倍の口座もあった。今は25倍まで。
※2:FXA証券のようになくなったり、統廃合されたFX業者も多いです。資金を守るためにも有名なFX業者の口座をメインにすることをオススメします(笑)



というわけで、次のFX口座を開くことにしました。
次は1000通貨単位対応のFX口座。
けど、2008年当時は、1000通貨単位トレードできるFX口座ってあまりなかったんです。

そんな少ない1000通貨単位FX口座から僕が選んだのは、FXブロードネットライト。
FXブロードネットは、10000通貨単位。だけど、FXブロードネットライトは1000通貨単位なのです。

なぜこのFX口座を選んだのかというと、スプレッドが狭いから。
当時珍しかった、USD/JPY0.5銭のスプレッドでした。
僕の記憶では、メジャーどころでは、ライオンFXくらいかな?

このFXブロードネット、使ってみるとなかなか使いやすかったですよ。
FXA証券は、専用のソフトをPCにインストールしなきゃいけませんでしたが、FXブロードネットはサイトからログインするだけ。
だから、僕のどのPCからでもFXができて超便利でした。

このFXブロードネットはしばらくつかいました。



で、その他のFX口座も併用して使ってみましたよ。
メインにならなかったFX口座の感想は、

■マネーパートナーズ
鉄板約定は本当みたいですね。
滑ることは無いです。
しかし、トレードツールが使いづらい。
スプレッドもそんなに狭くないから…。
100通貨単位のパートナーズnanoという口座も使ってみましたが、うーん…。
なんか中途半端。


■外為オンライン
有名なFX口座だけあって、いろいろ使いやすかったです。
ただ、チャートが当時ショボかった印象が。
チャートに関しては、FXブロードネットが良かったです。
使いやすいし見やすいです。
あと、スプレッドがUSD/JPY1銭は、ちょっと広いなぁ。。。
デイトレ向きではないですね。


メインにならなかった口座はこんな感じ。
やはり、トレードツールの使いやすさとスプレッドが僕は重要かな。
…という今のところ結論です。



で、FXブロードネットを気に入って使っていたのですが、どうもライオンFXが気になるんです。
トレードすると食材プレゼントがもらえることで有名なFX口座だったりするのですが(笑)
それだけでなく、なにかと人気なFX口座なんですよね~。

というわけで、また口座を開いて使ってみました。
FX口座って、口座開設だけなら無料!
開かなきゃ損!ですよね(笑)


ライオンFXは、スペック的にはFXブロードネットと似たような感じ。
ただ、トレードツールは、FXブロードネットより充実している感じです。
細かい機能もかゆいところに手が届く感じ。
いいですね~。
というわけで、今のメイン口座だったりします。


まぁ、ライオンFXもいいんですが、もう一つ気になるFX口座がありました。
それはSBI-FXトレード。
当時新しくできたFX口座だったのですが、見たからに他と違う感じだったのです。
1通貨単位トレードやUSD/JPYスプレッドが0.3銭(だったかな?)とすごく興味がそそられました。

なんてったって、1通貨単位トレードなら、10000通貨単位トレードの10000分の1のリスクでOK。
(利益も10000分の1ですが(笑))
「なんだ、おもちゃみたいなFXかぁ。」って思いましたか?

確かにデモトレードとそう変わらないと思います。
けど、1通貨単位とはいえ、自分のお金を使ってトレードとデモトレードでは、心の持ちようが違うと思うんですよね。

それに1通貨単位なら、それで慣れてきたら、10通貨単位、100通貨単位と増やしていけばいいのです。
それなら、自分のトレード手法を確立しながらできるから、リスクも低くすむのではないでしょうか?
水泳で例えるのなら、最初はピート板、それから25mプール、川、海、大海原!(やり過ぎ?)って、だんだんステージを上げていく感じですね。


だから、SBI-FXトレードは、FX初心者さんにまずオススメするFX口座なんです。
まぁ、比較的新しいFX口座なので、まだ洗練されていないイメージもあったりしますが(^_^;)

とはいえ、改善していこうという意志は公式サイトで見られるので、これからが楽しみなFX口座だったりします。



というわけで、僕のFX口座はメインが「ライオンFX」で実験するのにSBI-FXトレードを使っています。
そう、使い分けもできるので、FX口座は複数持っていた方がいいでしょう。
FX口座によって、相性のいいトレードの手法もあったりします。
トレード手法を変えたい時もすぐ対応できて、何かといいですよ。

チャートが見やすかったりするFX口座は、チャートのみの利用にすることもできます。
だからそれぞれのFX口座のいいところ取りをすればいいっていうわけです。



FX口座って、その人との相性もあったりします。
入出金口座や、トレードツールの使い勝手、スマホトレードのしやすさなど。
だから、実際に使ってみないとわからないんですよね~。

それを試すには、デモトレードというものがあります。
しかし、口座開設無料なわけですし、本番の口座とデモトレードの口座は少し違う場合もあります。
ならば最初から本番のFX口座を開いちゃってもいいのではないでしょうか?



今回のまとめ!

今回のFX初心者さん向けのFX口座の選び方の記事はいかがでしたか?

まとめるとこんな感じ。

・SBI-FXトレードが1通貨単位トレードできて初心者さんにオススメ。
・FXの口座開設は無料なので、自分に合うFX口座が見つかるまで口座開設してみる。
・使い分けができるので、複数口座持つのはオススメ。



FX初心者さんの味方Roadでした♪
では、また♪




作者Roadがいつも使っているFX口座

ライオンFX

1000通貨単位/手数料無料。
洗練された取引画面が好印象。
何にしてもバランスがいいのでメインで使っています。
初心者さんには、「マーケットナビ」を参考にするといいですよ。

ヒロセ通商【LION FX】 >>口コミ

SBI FXトレード

SBIFXトレード
1通貨単位/手数料無料!
米ドル/円のスプレッドも1銭原則固定。
しかし、ちょっと野暮ったいところがあるのが玉にキズ。
初心者さんには超おすすめ。

SBI FXTARDE >>口コミ

FXブロードネット

初めてのFX取引[FXブロードネット]
1000通貨単位/手数料無料。
スペック的にはライオンFXと被るのでスーパーサブに(笑)
FX始めた頃は、大変お世話になりました。
しかし、僕の古いスマホはアプリが対応していなかったのでいつの間にか疎遠に。。。

FXブロードネット >>口コミ 

コメントは受け付けていません。