外貨預金との違いは?

2012 年 6 月 28 日 | タグ:

アクセスありがとうございます!
外貨預金とFXとで迷っているんですか?

まぁ、とにかく違いがわからないと話しになりませんよね。
では、外貨預金とFXの違いをご説明しましょう。



レバレッジ・スプレッドが格段に違う!?

レバレッジは、最大25倍違います!

まず、レバレッジが違いますね。
FXの場合。
レバレッジを効かせることができます。
つまり、少ない証拠金でも利益を出すことができる。
100万円の取引も10万円ですることも可能です。
(FX個人口座は法律で25倍までに制限されています)

外貨預金は、レバレッジが効かせられません。
あえていえば、レバレッジ1倍ですね。
100万円の取引・預金には100万円要ります。



スプレッドは200倍以上の違い!

スプレッドも違うようですよ。
(はじめて知りましたが)

FXですと米ドル/円でスプレッドは0.5銭以下な事が多いです。
しかし、預金では約2円のスプレッドがかかります!
200倍以上違いますね。



FXは、魅力盛りだくさん!?

その他にもFXは円高・円安でも利益を狙えたり、24時間取引できたりとメリットがいっぱいです。
全部ご説明したいのですが、紙面の都合でここまでになってしまいました。
(面倒くさいだけじゃないの??(笑))

これで外貨預金かFXの違いがなんとなーくお分かりいただけたでしょうか?
わかりましたよね?ねっ?



「外貨預金との違いは?」まとめ

外貨預金と比べてFXはかなり魅力的!
とはいえ、外貨預金かFXかを選ぶのはあなたです!

どちらも、為替リスクがあるのをおわすれなく。



参考資料:サイバーエージェントFX:他の外貨商品との違い




















[q_and_a]

関連記事:

  1. FXってなんの略?
  2. 超初心者向けFXゆるゆるQ&Aコーナー
  3. FXって?
  4. 超簡単☆FX業者選び方講座
コメントはまだありません。